【つわり対策.com】〜食事の対策〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tuwaritaisaku★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではつわり対策と軽減方法として、食事による方法を詳しく説明しています。

つわりの症状が出ている時は、なかなか食事を満足に取れません。そしてつわりの時期は、好きな物や食べたい物が普段と変化する傾向にあります。ですから普段の食生活のまま、つわりの時期を過ごすことは非常に困難です。
つわりの時にはどのような食生活を送る、また食事にどんな工夫を施すのが良いのでしょうか。

つわり対策で重要なのは、つわりの症状があるうちは「好きな物を好きな時に好きなだけ食べる事」です。当然体重制限等もありますが、まずは何か口にしない事には始まりません。とにかく食べたいと思った時は体が何かを欲している証拠ですから、食べたいものをストレスを感じる事無く食べるのが最良の食事法と言えます。
甘い物、辛い物、味の濃い物、脂質の高い物など、摂りすぎると悪いと分かっているものでも、この時期は食べないよりも食べた方が良いです。
ただし注意しなければならないのは「無理して食べないようにすること」です。食べないと始まらないというのは食欲がある時のことだけで、食欲がない場合は無理して食べないことも重要です。

また、こういった中でも水分は出来るだけこまめに取った方が良いです。何も口に出来ない状態でも水分補給を欠かすことは非常に危険です。常に水分を口に出来るようにミネラルウォーターや経口補水液を持ち歩くようにしましょう。
水も飲めないほどの症状が重い場合は、炭酸飲料やフルーツジュースなどとにかくその時の気分で飲めるもので構いませんので、水分補給は欠かさないようにして下さい。

最後にちょっとした対策として、以下に例を挙げていきます。
【飴やガムを常備する】
飴やガムを利用する方法がお勧めです。匂いつわりやよだれつわりにも対応できますし、気分の悪さを軽減することが出来るでしょう。
【生姜を利用する】
生姜には気分の悪さを改善する効果がありますから、食事に生姜を用いたり生姜湯を飲む、生姜飴などの工夫をしてみるのもひとつです。
【一口サイズの軽食を用意しておく】
おにぎりやサンドイッチなどが良いですが、すぐに食べれるような一口サイズにするというのが大事です。なかなか食べる気にならない場合でも、一口サイズなら口にしやすくなります。


⇒ 呼吸の対策

⇒ 効果的なツボ

sponsored link



【つわり対策.com】TOP

copyright©2014  【つわり対策.com】〜いつから?いつまで?ピークは?〜  All Rights Reserved